日本のダンボール生産

------

日本はダンボール生産国として世界第3位というランク付けがされています。
それだけ国内でも国外へも物の流通がされているということと経済が動いているということです。

ダンボールの生産は世界経済と同期すると言われており、現在のダンボール製さん第1位は中国だと言われています。中国の経済がバブルを迎えていることを考えると納得がいきますね。
そして2位は経済大国アメリカ。アメリカはずっと歴代1位だったのは経済大国だからでしょう。

日本では大手3社がダンボール生産の大部分を占め、その他中小企業でもダンボールが作られています。
一年間で日本国民一人一人が150枚のダンボールを使ってることになるだけのダンボールを生産し、問うy区音、埼玉県、千葉県をすべてうめつくすほどのダンボールの量だそうです。

ある会社ではダンボールを一分間にダンボール材として4キロメートルの長さのダンボールを作り出すそうで毎日たくさんの量のダンボールが生産されています。

毎日たくさんのダンボールが作られていますが、リサイクルはその100%以上がリサイクルとして戻ってくるということになるそうです。
と、いうのも100%以上という数字は海外からやってきたダンボールもリサイクルに出されてるからで日本で生産したものに関しては90%以上がリサイクルに出されてるのだそうですよ。

Comments are closed.