子供の頃に必ず体験すること

------

子供のころにした遊びってありますよね。みんななぜか共通点があるものです。
こんな遊びしたよねぇという話題になったりしませんか。その中に確立高く出てくるものとしてダンボール工作があります。

小さな頃、ダンボールで工作をしませんでしたか。
ダンボールは子供にとって一番大きな工作の材料ですよね。ダンボールとガムテープさえあれば簡単に大きな工作を作ることができました。
自分だけが入れるようなダンボールハウスや宇宙へも飛んでいけるようなダンボールの架空の乗り物、ダンボールで机やイスのマネごとを作ったり、キッチンを作ったりと年を重ねるにつれてどんどん作るもののバリエーションも増えていくものです。
親子でもダンボール工作は楽しむことができます。
ダンボールは親子で作るともっともっと工夫して作ることができますよ。大人がいることでカッターを使うことができますからよりピッタリなパーツを作ることができますし、設計も具体的にできますから完成度も高くなりますよね。

どの家庭にもダンボールはありますよね。もしそのときになくても近くのスーパーなどにいくとダンボールは手に入るはずです。
遊び終わったあとはリサイクルに出すこともできますし、ゴミにもならずエコで良いですよね。

Comments are closed.