ダンボールでイカダ

------

いかだというと木製のものを想像しますよね。
全国各所でイカダ大会が毎年開かれてると思います。イカダ大会が夏の風物詩という地域もあるでしょう。

そういったイカダ大会でたまに見かけるのがダンボール製のイカダです。

ダンボールというと水に弱いイメージですが作り方によってはしっかりと浮きますし、イカダとしてレースに参加することもできるのです。

ただ単にダンボールを箱型にして浮かぶだけではちょっと問題がありますがそんなに特殊な準備をしなくてもダンボールイカダは実現できます。

耐水性のダンボールであればそれはとても強い味方となりますが、ダンボールは通常のダンボールでも底の部分に浮き輪を付けたりペットボトルをつけることで浮力も出て浮きます。

ダンボールはダンボール工作のようになんでも作ることができるのでただのイカダではなくキャラクターをマネてみたりじぶんだけの素敵な船のようにしてみたりしても良いですね。

もちろん安全面のこともありますので急流で試験もせずに浮かばせるのはやめましょう。

まずは浅いところで実験的に浮かばせてみると良いですね。
ダンボールでイカダ造りはインターネットなどで検索すると実際にダンボールイカダで成功した人たちのレポがたくさん読めますので参考にしてみてください。

Comments are closed.