リサイクルの王様

------

みなさんはリサイクルに協力していますか。
自分ではしていないつもりでも今は自治体で資源を大切にという動きが活発化し、ゴミの分別化などがきっちりとしてるところが多くなりました。

資源としてプラスチック製のものやビニール類、そして古紙や空き缶、ビン、そしてダンボールと回収してるところが多いのではないでしょうか。

ダンボールはその中でもリサイクル率がとても高くリサイクル需要としては一番高くなっています。

ダンボールは90%以上がリサイクルに出されてるといわれ、そのリサイクルに出されたダンボールからまた新たにダンボールに生まれ変わるのです。
自分がリサイクルに出したダンボールが何に変わるのかを考えたことがありますか。
実はダンボールはダンボールに生まれ変わるのです。

それはリサイクルダンボールという古紙やリサイクルに出されたダンボールで作られたダンボールなるわけですがそのリサイクルダンボールもまたリサイクルダンボールに生まれ変わり…なんと平均7回もダンボールはダンボールとして生まれ変わることができるのです。

そう考えるとダンボールはとても再生回数の多い資源といえますよね。何度も使うことができるのでエコなのです。

自分のところにやってきたダンボールは何回目のダンボールかなと考えてみるのも面白いですね。

Comments are closed.