地球にやさしいダンボール作り

------

ダンボールはどのようにして作られているのでしょうか。
日本のダンボール工場ではダンボールを作る際に発生する余分な紙の部分も回収して次のダンボール作成のときに材料として使われるようなサイクルになっていてムダなものを無くそうという努力をされています。

端材などもきちんと回収しあるダンボール大手会社では古紙の再生率が97%以上もあるそうです。
それだけ古紙であってもダンボール材であっても無駄に大切に使われてるということですね。

さらに大手会社ではダンボールを作るときにたくさんn熱を使うためどうしても出てしまうCo2の排気量をソーラー発電に切り替えたりガスエンジンに切り替えたりという努力を重ねなんと26%も削減に成功していたりと地球のことをとても考えた活動をしています。

さらに通常のAフルートの厚みのある丈夫なダンボールではなくそれよりも1ミリ薄いCフルートのダンボールを推奨することで今まで以上にエコなダンボールができ、CO2を減らすことができるという活動を取り入れているといいます。
とても地球のことを考えて、ダンボール会社ができる取り組みを一生懸命やっているのですね。

ダンボールというと森林伐採問題をイメージしますが森林伐採をできるだけなくしたりこういった取り組みをすることで地球の環境を守っているのですね。

Comments are closed.