古紙はなにになるのか

------

積み重なった古新聞や古雑誌などみなさんはどういったところに回収に出しますか。
ゴミ収集の一環として資源回収してくれる地域もありますが、ほとんどの方は家をわざわざまわってくれる資源回収業者に出しているのではないでしょうか。

資源回収業者に出すところまでで、その古新聞や古雑誌がどんなものにリサイクルされているかは意識したことがないと思います。
古新聞や古雑誌、そしてダンボールなどを資源として回収し、それらがどうなっているのでしょうか。

家に直接資源回収会社が訪問してくれることでみなさんも利用しやすい点があり古紙の回収というのはとても日本では多いです。
ダンボールの回収率は90%以上とも100%以上とも言われています。
と、いうのも100%以上というのは海外から送られてきたものたちや海外から入ってきた食品や衣類などの商品などが入っていたダンボールたちもリサイクルに出されているためといいます。
それだけダンボールはリサイクルに出されているのです。

そのリサイクルにだされたダンボールや古紙はいったん熱で溶かされて水や特殊な水のようなノリをまぜられてまたダンボールとして生まれ変わることができます。

ダンボールは古紙と融合してまだタンボールとして生まれ変わることができるのです。それってすごいことですよね。

さらになんとダンボールは平均7回もダンボールに生まれ変わることができるというのだから驚きですね。

Comments are closed.