とれたてを実現するダンボール

------

みなさんは野菜や果物がどのように食卓まで運ばれてくるかわかりますか。

食卓で食べられている野菜や果物たちは農家のみなさんが一生懸命に雨の日も風の日も大切に育てた愛情いっぱいの成果のものたちです。

スーパーなどでは棚に並ばせて売られていることが多いですがダンボールの箱に入った状態で売られていたりもしませんか。
野菜や果物はダンボールに入った状態で出荷され、市場にいき競り落とされスーパーなどに並ぶことになりますがその間ずっとダンボールに入っています。
ものによっては商品名が派手に目立つようなプリントがされたダンボールに入れられてることもありますよね。
みなさんも見たことがあると思います。

ではどの状態で野菜や果物たちはダンボールに入るのでしょうか。

まずは農家の方たちがカゴなどに収穫した野菜や果物たちを入れて形や規格などを見て商品として出荷できそうなものたちだけをダンボールに入れるというやり方もありますが、畑に直接ダンボールを持っていってダンボールの中に出荷する野菜や果物を入れてすぐに出荷というスタイルをとっている農家も増えてきてるそうです。

新鮮野菜というのは畑で取れたての野菜かもしれませんね。
今は生産者の名前も表記する野菜たちが増えてきていますから毎日とれたての野菜が食べられるようになるとよりおいしく感じることができるかもしれませんね。

Comments are closed.