野菜とダンボールの関係

------

野菜というといろんなタイプがありますよね。
冷蔵庫に入れておかないとすぐにダメになってしまうタイプの野菜だったり、根菜といわれる野菜たちのように常温保存で充分日数が持つものもあります。

それらの野菜はすべてダンボールに入って出荷されていますがその出荷の仕方やスーパーまで運ばれてくる方法が違います。

野菜は時間が経つと水分が出てしまうものもあり、その水分がうまくなにかに吸収されないとべちゃべちゃになってしまったり他の野菜が腐ってしまったりしますよね。
そういった野菜には防湿のダンボールが使われていたり、水分が出やすい野菜には耐水性のダンボールが使われていたりと野菜の種類によってダンボールを使い分けています。

さらに冷凍しても大丈夫なようなダンボールや、常温で充分な野菜には日本の技術がつまった通常のAフルートといわれる厚みのダンボールが使われていたり野菜によってはダンボールの形が四角ではないものや野菜がより入れやすい形に最初から作られているものもありますね。

野菜を出荷して私たちの手元に届くまでダンボールの力を借りて届けられることが多く、野菜や果物とダンボールは切っても切れない関係なのですね。

ダンボールが運んできてくれるおいしいものをこれからも私たちはたくさん食べていきましょう。

Comments are closed.